【2018年最新版】読まずに入会しないでください!おすすめ人気結婚相談所4社徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関連キーワード:
  •  

合コン、友人の紹介、婚活サイト、マッチングアプリ、お見合いパーティー、いろいろ婚活をしてみたけれど、どうしても結婚できない方

結婚できない出会いはもういらない、とにかく本気の出会いを早くしたい方には、様々な婚活サービスのなかで本気度の高い方だけが集まる結婚相談所がおすすめです。

婚活に本気のアラサー、アラフォー世代に特におすすめの結婚相談所4社を徹底比較しました。

どこが自分にあった婚活ができそうか見極めてください。

 

進化する結婚相談所の最新情報をぜひチェックしてみてください! 

目次

はじめに

これから紹介する婚活チェキおすすめ結婚相談所4社は、身分証明書はもちろんのこと独身証明書、年収証明書、卒業証明書等を入会時の必須書類としている結婚相談所です。サクラや既婚者、男性で定職についていない方などは一切いません。

また、運営会社は上場企業か上場企業のグループ企業で、信頼性や個人情報保護への取り組みなど申し分のない結婚相談所ばかりですのでどこを選んでも安心して利用できるおすすめの結婚相談所です。

どの結婚相談所を利用すれば自分にあった婚活ができそうか、費用面で続けられそうな結婚相談所はどこか、コンシェルジュの婚活サポートが充実している結婚相談所はどこか、一番会員数の多い結婚相談所はどこか、

じっくり比較検討して、でもスピーディに、自分にあった結婚相談所を選びましょう!アラサー、アラフォー世代において結婚相談所への入会は1日でも早く1歳でも若くが鉄則。

そして、結婚相談所は入会後約6ヶ月間が勝負なんです! 

すぐに入会したい人も、資料を検討したい人も、まずは初めの1歩を踏み出して幸せな結婚を目指してとにかく前進しましょう!

 

なぜ結婚相談所なのか!?

未婚化・晩婚化が進み、婚活をしなければ出会いが難しい時代に

◆婚姻件数、婚姻率の低下

かつて第1次ベビーブーム世代が25歳前後の年齢を迎えた1970年~1974年にかけて婚姻件数は年間100万組超、婚姻率(人口千人当たりの婚姻件数)は10.0超でした。

では、2015年の婚姻件数、婚姻率はどうだったでしょうか?
2015年の婚姻件数は年間63万5,156組(対前年比8,593組減)、婚姻率は5.1と過去最低となり、1970年当時の半分まで落ち込んでいます。 

結婚相談所
厚生労働省「人口動態統計」より

  

未婚化・晩婚化の進行

1970年の50歳時の未婚割合は男性1.7%、女性3.3%でしたが、2015年の未婚割合は男性23.4%、女性14.1%と、男性は10人に2人以上、女性は10人に1人以上が未婚となっています。

そして、これまでの未婚化、晩婚化の流れが変わらなければ、今後も50歳時の未婚割合の上昇が続くと予測されています。 

結婚相談所
総務省「国勢調査」より

これらのデータには、「そのうち結婚できる」、「いつかは結婚できる」、「誰でも結婚できる・する」、時代ではなくなってきていることが如実にあらわれています。ひと昔前のように皆が当たり前に結婚する時代はとっくに終わっていると言えるでしょう。

また、離婚率も現在は下げ止まってはいるものの、2015年にはおよそ3組に1組が離婚していると言われています。今の時代、独身や未婚、バツイチというのはめずらしいことではなく、多様なライフスタイルの選択のひとつであると言えるでしょう。

多様な価値観を持つことが社会的にも認められてきており、人々も色々な選択ができるようになりました。独身や未婚を貫くことも決して悪いことではありませんし、選択肢のひとつとして認められるようになってきています。

ただ、あなたが「結婚したい」、「子供が欲しい」、「一生のパートナーが欲しい」と思っているならば、アラサー・アラフォー世代の独身者は特に、自然な出会いを待っているだけでは、結婚はできないかもしれません。 

 繰り返しになりますが、1歳でも若く1日でも早く婚活を始めることをおすすめします。

 

結婚相談所の進化とは

様々な情報をインターネットを通じて誰でも気軽に入手できるようになり、人々の価値観も多様に変化しています。簡単に手に入れられる膨大な情報の中から、自分に必要な情報だけを選択し効率的に利用・活用するということを多くの人が当たり前に実践しています。

結婚相談所も属人的な仲人紹介型から劇的な進化を遂げています。結婚相談所によってサービスは様々ですが、データの活用が競争力の肝になっているようです。

婚活サイトチェキでおすすめする結婚相談所でも過去の豊富な実績データや本人の条件等からのマッチング、個人の価値観にまで踏み込んだ価値観診断を行い、価値観をもとにしたデータマッチングなど具体的なデータを駆使して最適な相手を探せるような様々な出会えるシステムを用意しています。婚活アプリのように使い勝手よく気軽にマッチングできる結婚相談所もあるんです。従来の仲人紹介型の良いところとシステム化されたデータマッチングの良いところを組み合わせたサービスを各社で行っているんです。

このようなIT技術やデータを駆使した効率的かつ精度の高い出会いのシステムが時代のニーズにマッチし、比較的若い世代からも結婚相談所に今注目が集まっています。結婚相談所という従来型のイメージにとらわれず、自分にとって有益なものは婚活においてもうまく利用・活用するという効率的な考え方が広まっていることのあらわれと言えるでしょう。婚活サイトチェキでも最近は属人的な仲人紹介型の結婚相談所よりも、フレッシュな会員が多い新しい形の結婚相談所をおすすめしています。

 

身近になった婚活サービス

株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営するリクルートブライダル総研がおこなった、婚活の実態調査「婚活実態調査2017」によると、

“2016年に結婚した人の11.3%は婚活サービスで相手を見つけており、年々増加傾向。それを婚活サービス利用者に限ってみると39.4%になる。婚活サービスを使った結婚が広がりつつある。“とのこと。

2016年に結婚した人の10人に1人が婚活サービスを利用していて、婚活サービスを利用した人の39.4%が2016年に結婚できたということですね。これは婚活サービスを利用すれば結婚できる可能性が大きくなっているということを意味しています!

また、”婚活サービス利用経験がない・恋愛もしくは結婚意向のある独身者“を対象とした調査で、”「婚活サービスを利用するのは、まだ自分には早い」と思う割合は、2016年調査と比較し、20代、30代で減少している(20代47.2%(2017年調査-2016年調査 -5.4pt)、30代 15.4%(同-4.2pt)、40代 12.0% (同2.7pt))。 「婚活サービスを利用しなくても、結婚できる」と思う割合は、2016年調査と比較し、20代、30代で大きく減少している(20代39.3%(2017年調査-2016年調査 -6.8pt)、30代 23.3%(同-13.2pt)、40代 29.1%(同-4.0pt))。”という結果が出ています。

逆に言えば「婚活サービスを利用しないと、結婚できない」と思っている人が20代では約60%、30代では約76%、40代では約70%もいるということになりますね。これはかなり大きな数字ではないでしょうか。

それだけ、自然な出会いからでは結婚できないと体感しているということです。また、婚活サービスが20代、30代にとって、より身近なものになってきていることのあらわれとも言えるでしょう。

普通の生活をしていたら出会える人は限られてしまいますから、選択肢は絶対に多い方がいいんです。婚活サービスにポジティブな比較的若い世代を中心にこれからは今以上に婚活サービスが活用されると予想されます。アラサー・アラフォー世代も怖がらずにどんどん婚活サービスを利用するのがおすすめです。

敷居が高いイメージがあった結婚相談所もどんどん費用が安くなってきており、手軽におすすめできる結婚相談所が増えています。

 

結婚相談所をおすすめする5つの理由

①結婚相談所には本気で結婚したい人だけが集まっている

合コンやパーティー、婚活アプリなどの婚活サービスで本気で結婚したい人だけと出会うのは非常に難しいものです。結婚相談所では本気で結婚したい人の中から効率的に相手を選べるのでおすすめです。 

②結婚相談所は相手の身元がわかるから安心できる

サクラ、年収詐称、独身詐称、学歴詐称など一切ありません。結婚相談所では安心・安全の出会いができるからおすすめです。 

③結婚相談所は初めから条件で探せる

普通の出会いではなかなか相手に踏み込んだことは聞けないものですよね。

年収なんて聞いたらデリカシーがないって思われてしまうかもしれません。出会って、何度もデートしてからやっぱり求めていた条件と違っていたら?結婚相談所では時間を無駄にせず、最初から条件で探せるのでおすすめです。 

④結婚相談所の費用が安くなってきている

一昔前のように入会金30万円!!お見合い料●円!というような結婚相談所は少なくなっています。

入会金1万円くらいから15万円くらいまでのところが多く、月会費も定額で1万円代と比較的活動しやすい料金の結婚相談所が増えてきているのでおすすめです。

⑤結婚相談所では率直に相談ができる

結婚相談所ではコンシェルジュやコーディネーターがあなたの話を真剣に聞いてくれるのでおすすめです。

これって実は貴重なことなんです。アラサー、アラフォー世代ともなると自分の恋愛感や結婚観をあまり人に話したりしなくなりませんか。相談しても、既婚者の友達は気を遣った答えしかくれませんよ。

コンシェルジュやコーディネーターと一緒にしっかり自分の良いところも悪いところも見つめなおしましょう。

 

本気で結婚したい人のための結婚相談所最新情報!!

 結婚相談所は日々進化しています。厳選した婚活サイトチェキおすすめ結婚相談所4社の最新の情報をチェックしてください!

エン婚活エージェント

エン婚活

 まずは、ネットですべてが完結できる画期的なサービスと圧倒的なコストパフォーマンスで人気の結婚相談所エン婚活エージェントを紹介します。 

結婚相談所の中では最も費用が安く入会のハードルが低いので初心者でも始めやすいと評判なんです。
【運営会社】 東証一部上場のエン・ジャパングループが運営
【会員数】 21,859名(男性:10,444名(48%)/ 女性:11,415名(52%)2018年6月現在)
【コネクトシップ※への加入】
【サービス提供エリア】
全国20都道府県にサービス提供
・関東エリア
東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県
・関西エリア
大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県
・東海エリア
愛知県、岐阜県、三重県
・その他エリア
群馬県、茨城県、栃木県、福岡県、静岡県、北海道、広島県

【店舗】エン婚活エージェントは来店不要の結婚相談所です。
入会前に実店舗で相談したいという方は西新宿支店への相談となっています。
※コネクトシップとは
コネクトシップとはパートナーエージェントが運営する結婚相談所相互間の会員紹介サービスです。コネクトシップに加入している結婚相談所の会員数は約6万人。連携している他の結婚相談所の会員も紹介してもらうことができるので出会いの選択肢が広がります。
◆会員の年齢分布(2018年6月現在)

男性会員の約48%が40歳以下、女性会員の約52%が35歳以下となっています。非常にバランスの取れた年齢構成です。

以前は男性比率が高めでしたが、1年余りの間にかなり女性会員が増えたようです。会員数も著しく伸びています。 

会員数が伸びている今のタイミングがフレッシュな会員が多いのでおすすめなんです。

結婚相談所比較
◆費用
登録料 9,800円
月会費 12,000円
成婚料 0円
お見合い調整費用 0円
その他 その他追加料金一切なし
返金保証 3ヶ月以内に出会いがなければ
登録料・月会費全額返金
3ヶ月活動して成婚退会した場合の費用 45,800円

 さらに詳しく見る

サービスの特徴
ネットですべてが完結できる来店不要の結婚相談所
専任のコンシェルジュによる徹底婚活サポート
月6名以上(年間72名以上)の紹介を保証
3ヶ月以内にコンタクト(お見合い)が成立しなかったら全額返金保証
◆サポートの内容

マッチング相手からのフィードバック機能
マッチングして実際にお見合いした相手から、話し方や身だしなみなどの基本9項目を採点形式でフィードバックを受けられます。耳が痛いこともあるかもしれませんが、今まで気づけなかった自分のウィークポイントに気付けます。

スキルアップ講座で弱点克服
自分磨きのスキルアップ講座をオンラインで受けられます。婚活の講座だけでなく結婚後の講座も受けられるうれしいサービスです。

専任コンシェルジュ
専任のコンシェルジュが成婚までを完全サポートします。

独身証明書システム
会員は全員役所発行の戸籍謄本等の独身証明書を提出しており、本気で結婚を考えている方のみが入会しています。 

 

◆サービスの実績

活動開始から初回コンタクト(お見合い)成立までの期間は1ヶ月以内58.8%、2ヶ月以内88%と、活動開始から2ヶ月以内に約9割の方に出会いがあります

成婚退会した会員の平均活動期間は5.3ヶ月。成婚退会する会員の97.2%が活動期間1年以内の成婚を実現しています。

2018年2月現在会員の約半数49%が初回コンタクト(お見合い)の後、交際しています。

 

◆婚活アドバイザーによるおすすめポイント

ポイント1:圧倒的に料金が安い
入会金、初期費用、登録料など名称を問わず、入会に際してかなりの費用がかかる結婚相談所が多いです。最近では入会にかかる費用は10万円~15万円くらいと安くなってきている傾向にはありますが、エン婚活エージェントの登録料9,800円は驚異的です。月会費は12,000円で、登録料、月会費のほかには一切の費用がかかりません。

活動3ヶ月でかかる費用は45,800円(税別)、3ヶ月以内にコンタクト(お見合い)が成立しない場合は全額返金保証付きなのでまず費用面で安心しておすすめできる結婚相談所です。

エン婚活エージェントはネットで登録から成婚まで完結できる来店不要の結婚相談所なので、実店舗を構える結婚相談所と比較して、店舗運営にかかる費用・人件費等を抑えることができるからこそ、この圧倒的な低価格を実現しているのでしょう。 

まさに今の時代にマッチした新しいサービスですね。手始めにコストを抑えて結婚相談所に入会してみたい方、忙しい方、婚活初心者の方にまず最初におすすめする結婚相談所です。菊乃さんの突撃取材記事も参考にしてみてくださいね。

ポイント2:月6人以上(年間72人以上)の紹介を保証

月6人以上の紹介というのは結婚相談所業界の最高水準と言えるでしょう。

エン婚活エージェントでの紹介はデータマッチングにより行われ、価値観診断の結果と、自身の希望条件からマッチングした相手を紹介されます。しかも6人以上の紹介が保証されます。

婚活をされたことのある方ならわかると思いますが、毎月、自分の条件にあったお相手を6人以上探そうとしてもかなり難しいので、この紹介人数保証もかなりおすすめできるポイントです。

自分でも積極的に相手探しをするのがおすすめです。自分からアプローチすることも毎月10名まで料金に含まれているんです。これで月会費12,000円ですから。紹介人数だけで換算しても1人を紹介してもらうのに2,000円の費用です。

合コン、パーティー、友達からの紹介、異性との食事などに出かけて皆さん1回あたりいくらくらい費用を使っていますか?軽く2,000円以上使っていませんか?
たった2,000円の費用で自分の条件に合った人との出会いがあるってすごいことですよね!

  

◆婚活アドバイザーによるウィークポイント

・コンシェルジュに直接会って相談ができない
エン婚活エージェントの最大の特徴であり、良いところでもあるネット完結、来店不要の結婚相談所というシステムが最大にして唯一の弱点です。やっぱり直接会って話をしないとコンシェルジュに心を開けないな、信頼がおけないなという方にはおすすめしません。

対面だから、オンラインだからは関係なく、結婚相談所での担当コンシェルジュとの相性や関係性は婚活を続けるにあたってとても重要です。向こうもプロとはいえ人間です。この人のためにやってあげたいと思ってもらえるかどうかも婚活成功の秘訣のひとつです。会って話さないとどうしてもだめという方は対面式の結婚相談所を選んだ方がいいでしょう。

でも、エン婚活エージェントでは、店舗に出向かないというだけで、専任のコンシェルジュがしっかり婚活をサポートしてくれます。

また、顔が見えない方が相談しやすいなんて口コミも実は多いんです。

もちろん電話・メール等で直接相談はできるので、忙しい方や電話・メール等でもコミュニケーションに問題ないという方には逆におすすめできる結婚相談所でもあります。

 

エン婚活エージェントの詳細 

  

パートナーエージェント

パートナーエージェント
続いては、ブラックジャックとドロンジョのCMでおなじみの豊富な実績データに基づく婚活メソッドと手厚いチームサポートに定評があるパートナーエージェントを紹介します。
【運営会社】マザーズ上場のパートナーエージェントが運営
【会員数】11,688名
【男女比率】非公開
【コネクトシップへの加入】
【店舗】
全国に30店舗
・北海道エリア
札幌店
関東エリア
横浜店、埼玉県、大宮店、千葉店、船橋店、群馬県、
高崎店、茨城県、水戸店
東京エリア
新宿店、銀座店、銀座数寄屋橋店、池袋店、上野店、
丸の内店、町田店、八重洲店、渋谷店
中部エリア
名古屋店、岡崎店、静岡店、浜松店、岐阜店
関西エリア
大阪店、なんば店、京都店、神戸店、姫路店、奈良店
中国エリア
広島店
九州エリア
福岡店、北九州店
◆会員の年齢分布(2017年4月現在)

男性会員の約53%が40歳以下、女性会員の約50%が35歳以下となっています。非常にバランスの取れた年齢構成ですね。 

結婚相談所比較
◆費用
  チームサポートコース 【東名阪限定】ソロサポートコース
登録料 30,000円 30,000円
初期費用 95,000円 50,000円
月会費 16,000円 14,000円
成婚料 50,000円 50,000円
返金保証 3ヶ月以内に出会い(目標コンタクト数達成)がなければ、月会費20%減額
3ヶ月活動して成婚退会した場合の費用 223,000円 172,000円

※上記のコースのほかにも、28歳以下限定のU28コース、40代~60代の中高年・熟年を対象としたPAXMEMBERSコースと多彩なコースが用意されています。  

 

さらに詳しく見る 

サービスの特徴
200時間のコーチング研修を受けた専任コンシェルジュを中心としてチームで婚活を徹底サポート

8つのマッチングシステムによる豊富な出会いのチャンスを提供

3ヶ月以内に目標コンタクト数(お見合い)に到達しなかったら以降3ヶ月は月会費20%減額
◆サポートの内容

「チーム婚活×スマート婚活」で成婚へ導きます。
コンシェルジュを中心としたサポートチームから、確かな実績データから信頼できるアドバイスを受けられます。

専任コンシェルジュと行う婚活設計、PDCAサイクルをチームで回しながら婚活力を高めるプログラムを実践します。

 

◆サービスの実績

入会から交際までの期間平均は72.1日、入会から約2ヶ月半以内に交際できています。

入会から1年以内の交際率は93.2%、活動開始から1年以内には9割以上の方が交際できています。

活動開始から1年以内に成婚した人は65.6%

成婚退会する会員の65.6.%が活動期間1年以内の成婚を実現しています。

2017年3月現在会員の2人に1人が交際しています。

 

◆婚活アドバイザーによるおすすめポイント

ポイント1:チーム体制による手厚い婚活サポート
パートナーエージェントでは専任コンシェルジュを中心としたチーム体制による婚活徹底サポートを受けられます。ただ人だけに依存したシステムではなく、豊富な実績データに基づいた具体的な指標(成婚KPI)をもとにプロが婚活をサポートしてくれるので、昔ながらの結婚相談所と比較して1歩も2歩も進んでいます。

コンシェルジュは婚活の最大のパートナーです。とにかくコミュニケーションを密にとることをおすすめします。
婚活のプロをとにかく最大限活用するのが絶対おすすめです。お客様気分ではなく自分も婚活チームの一員という意識で臨んでください。この人のために頑張りたいとコンシェルジュに思わせたら勝ちですよ。

ポイント2:豊富なマッチングシステム
パートナーエージェントでは専任コンシェルジュによる紹介(従来の結婚相談所に多い仲人型)、データマッチング(最近の結婚相談所に多いデータマッチング型)、会員限定のイベントやパーティーなど8つのマッチングシステムによる豊富な出会い方のバリエーションが成婚率を高めます。

従来的な仲人型だと担当者の主観が入ってしまうことがあり、自分の条件を無視されたり、好みをわかってもらえなかったりということが多くありました。実際、結婚相談所に悪いイメージを持っている方ってそういう経験をした方が多いんですよね。

パートナーエージェントでは200時間の研修を受けた専任コンシェルジュと豊富な実績データに基づいたデータマッチングの両輪でサポートしてくれるので、人とデータの良いとこ取りができるのでおすすめです。

パーティーやイベントも多く開催されていますのでカジュアルに会員限定パーティーやイベントからスタートするのもおすすめです。菊乃さんの突撃取材記事も参考にしてみてくださいね。

  

◆婚活アドバイザーによるウィークポイント

・費用が比較的高い
これだけの手厚い婚活サポートを実施するためには仕方ないとは思いますが、費用はここで紹介する他の結婚相談所3社と比較して少し高めでしょう。

保証がついていて、3ヶ月以内に目標コンタクト数(お見合い)に到達しなかったら、以降3ヶ月は月会費20%減額となりますが、これも、もうちょっと減額してくれよ感は否めませんよね。でもそれだけパートナーエージェントではサポートにコストをかけていて値引きが難しいのだと思います。

でも、それだけの費用をかけても結婚相談所に入会するという方が会員ですから、会員の本気度という点ではおすすめできるポイントでもあります。本気の出会いができる結婚相談所ともいえるのではないでしょうか。

  パートナーエージェントの詳細 

ツヴァイ

ツヴァイ
続いては、イオングループが運営する全国55店舗と最大級のネットワークを誇るツヴァイを紹介します。
【運営会社】東証二部上場のツヴァイが運営
【会員数】30,293名(但し活動休止中の会員4,058名含む)
※活動中の会員数26,235名
男性:約15,176名(50.1%)
女性:約15,116名(49.9%)(2017年2月現在)
【コネクトシップへの加入】×
【店舗】 全国に55店舗
・北海道・東北エリア
旭川店、札幌店、サテライト函館店、盛岡店、
サテライト青森店、サテライト秋田店、仙台店、
山形店、郡山店、
・関東エリア
日比谷本店、八重洲店、池袋店、新宿店、立川店、
町田店、赤坂見附店、横浜店、藤沢店、千葉店、
幕張新都心店、船橋店、柏店、さいたま店、
レイクタウン店、水戸店、高崎店、宇都宮店
・北陸・甲信越エリア
長野店、松本店、甲府店、新潟店、富山店、
金沢サテライト店、長岡店
・中部エリア
静岡店、浜松店、岡崎店、名古屋店、岐阜店、
四日市店
・近畿エリア
大阪店、難波店、京都店、草津店、奈良店、
和歌山店、神戸店、姫路店
・中国・四国エリア
岡山店、サテライト米子店、広島店、サテライト周南店、高松店、松山店
・九州・沖縄エリア
福岡店、北九州店、長崎店、大分店、熊本店、サテライト宮崎店、鹿児島店、那覇店
さらに詳しく見る
 
◆会員の年齢分布(2017年2月現在)

ツヴァイの男性会員の約34%が20代~30代、女性会員の約58%が20代~30代となっています。
他の結婚相談所とは公開されているデータの集計方法が少し違うので比較が少し難しいですね。

あくまで推測ですが、このようなざっくりした分け方をしているということは、例えば男性40代でも40代後半、女性30代でも30代後半が多いのではないでしょうか。ツヴァイは地方も広くカバーしているので年齢層高めということも考えられますね。年齢層が高めということは必ずしもマイナスポイントではありませんので、自分のニーズにあっているかどうかは総合的に見極めましょう。 

結婚相談所比較
◆費用
  パーソナルサポートプラン
アクティブ
パーソナルサポートプラン
登録料 30,000円 30,000円
初期費用 75,000円

115,000円

月会費 年間紹介人数によって選択:9,500円~13,800円
成婚料 0円 0円
返金保証 なし
3カ月活動して成婚退会した場合の費用 146,400円 186,400円

 

サービスの特徴
ツヴァイ規定の研修を受け、厳しい認定試験に合格したマリッジコンサルタントが婚活を徹底サポート

お互いの希望条件による条件マッチング、価値観やライフスタイルによる価値観マッチング、プロフィールからのインプレッションマッチング、気になる相手とのお見合いをスタッフがセッティングしてくれるペアメイキング
◆サポートの内容

きめ細かい料金設定のプランが用意されており、マリッジコンサルタントが最適なプランをアドバイスしてくれます。

 

◆サービスの実績

トヨタ、デンソー、日産、ホンダ、マツダ、キヤノン、鹿島建設、花王、シャープ、JAL、日本郵政をはじめとする大企業や企業の組合等20,000団体以上が法人会員や福利厚生制度として利用しています。(2015年2月現在)

会員の活動開始から成婚退会までの期間で一番多いのは4ヶ月。短期間で成婚までを実現しています。

2016年度の成婚退会者数5,613人

 

◆婚活アドバイザーによるおすすめポイント

ポイント1:ツヴァイは結婚相談所の老舗、最大級の店舗数で全国広いエリアで対応可能
創業30年を超える老舗の結婚相談所、過去の豊富な実績データをもとにベテランの婚活サポートが受けられます。

また、他の結婚相談所では対応していないエリアも広く対応しています。県庁所在地はほぼ網羅しているので地方の方で全国レベルのサポートを受けたい方には特におすすめです。

ポイント2:会員同士のパーティー・イベントが多数
ツヴァイでは会員同士のパーティー・イベントが年間2,400回も開催されています。大規模なパーティーから、1対1のカップリングパーティー、イベント体験型パーティーなど、楽しめる企画が沢山あります。もちろん結婚相談所の会員同士なので婚活に本気の人ばかりですが、お見合いでは見られない他の人への対応や、イベント体験などで飾らない普段の姿を見ることができる貴重な機会なのでどんどん活用するのがおすすめです。 

ツヴァイは各店舗で毎月ホームパーティーを開催していて、地方の方も参加が可能なのでおすすめです。
ツヴァイのリアルな体験記事も是非参考にしてくださいね。

 

◆婚活アドバイザーによるウィークポイント

・追加料金がかかる
豊富な出会いの機会の提供が魅力のツヴァイですが、パーティー、イベント、ペアメイキング、PRボードのサービスはオプションで追加料金がかかります。成婚料はかかりませんが、入会費用、月会費の中ですべて完結できないとちょっとお得感がないかなと思いますね。パーティー、イベントへの参加は出会いの選択肢が広がるので絶対おすすめなのですが、事前に1回あたりの金額などを聞いて検討しても良いかもしれません。相談はどこも無料でおこなっています。

ツヴァイは年間紹介人数を選択できるきめ細かい料金設定になっていますので、そこでしっかりと自分の婚活ペースにあった人数をセレクトすれば、通常の定額料金の範囲内でも十分出会いはあると思いますよ。 

  ツヴァイの詳細 

ゼクシィ縁結びカウンター

ゼクシィ縁結び
続いては、加藤ローサさん、広瀬すずさん、吉岡里帆さんなどの歴代ゼクシィガールのTVCMでもお馴染みで若い女性の憧れでもあるゼクシィのリクルートグループが運営するゼクシィ縁結びカウンターを紹介します。
【運営会社】リクルートゼクシィなび(東証一部上場のリクルートホールディングスの100%子会社)
【会員数】約8,700名(パートナーエージェント・コネクトシップ会員含む)
活動中の会員数23,400名
【男女比率】非公開
【2017年11月現在】
【コネクトシップへの加入】
【店舗】全国に24店舗
・北海道エリア
札幌店
・関東エリア
銀座店、新宿店、池袋メトロポリタン口店、
池袋東口店、立川店、横浜店、大宮ソニックシティ店、
大宮東口店、千葉店、船橋ららぽーと店
・東海エリア
静岡店、浜松店、名古屋駅店、栄店
・関西エリア
梅田茶屋町店、梅田店、なんば店、京都駅前イオンモール店、京都三条鴨川店、神戸店
・中国エリア
広島店
・九州エリア
博多店、天神店
さらに詳しく見る◆会員の年齢分布(2017年2月現在〉

男性会員の約67%が40歳以下、女性会員の約69%が35歳以下と、他の結婚相談所と比較して若めですね。ゼクシィブランドの若い世代への人気が現れています。 若い世代にも若い方と出会いたい方にもおすすめの結婚相談所です。

結婚相談所比較
◆費用
 

シンプルプラン

スタンダードプラン

プレミアプラン

入会金

30,000円 30,000円 30,000円

月会費

9,000円 16,000円 23,000円

成婚料

0円 0円 0円

検索からのお見合い申し込み

月10人まで 月10人まで 月10人まで
紹介からのお見合い申し込み - 月6人まで 月6人まで
定期面談 オプション 3ヶ月に1回 2ヶ月に1回
返金保証 なし なし お見合いが月1件も成立しなかったら月会費7,000円減額
3カ月活動して成婚退会した場合の費用 57,000円 78,000円 99,000円

  

◆サービスの特徴

手ごろな値段で入会できる対面式の結婚相談所です。

自ら豊富な会員データベースから相手探しが可能、もちろんマッチングコーディネーターからの紹介もあります。自分、相手、マッチングコーディネーターの3つの詳細視点によるマッチングで出会いの幅が広がります。

 

◆サポートの内容

専任のマッチングコーディネーターが、活動開始から成婚退会までをワンストップで徹底サポート。

 

◆サービスの実績

入会から1ヵ月以内に80%の会員がファーストコンタクト(お見合い)を経て、デート成立しています。

女性会員の69%が20~35歳、男性会員の86%が20~45歳と若い女性の会員が多数。

 

◆婚活アドバイザーによるおすすめポイント

ポイント1:女性に人気ゼクシィブランドのノウハウ
女性に人気のゼクシィから生まれた結婚相談所。
ゼクシィブランドを築き上げたリクルートのマーケティングノウハウを生かして、自分では気づけなかった自分の魅力、気づけなかった出会いを引き出してくれます。 コーディネーターさんの口コミ評判もとっても良いのでそれもおすすめできるポイントです。

会員は比較的若い女性の比率が高いので、女性はもちろんですが、男性にもおすすめの結婚相談所と言えるでしょう。
突撃取材記事も参考にしてくださいね。

女性の視点を知り尽くしたゼクシィですので、どのような男性像が好まれるかを的確にアドバイスしてくれます。

ポイント2:実店舗型の結婚相談所としてはかなり低価格
実店舗を構え、会員が来店する従来型の結婚相談所としては、ゼクシィ縁結びカウンターはかなりの低価格を実現しています。専任のマッチングコーディネーターが活動開始から成婚退会までを最後まで徹底サポートしてくれるサービスなので入会金30,000円、月会費9,000円~というのは他と比較してかなりの低価格なのがおすすめのポイントです。

ただし、会員同士のパーティー・イベントが開催されていますが、こちらはオプションで費用がかかります。

 

◆婚活アドバイザーによるウィークポイント

・店舗数がまだ少ない
ゼクシィ縁結びカウンターは2015年5月に1号店がオープンした比較的新しい結婚相談所のため、店舗数は24店舗と少なめです。

提携会員を含む会員数自体は23,400人と他の結婚相談所に見劣りしませんが、対面型の結婚相談所なので、店舗がないエリアの方は活動が難しそうです。東京近郊や関東圏、地方の大都市圏の方であれば、店舗は比較的利便性のよいところが多いのでおすすめします。

 

ゼクシィ縁結びカウンターの詳細

 

 

本気で結婚したい人のための結婚相談所徹底比較

さてここからは、おすすめの結婚相談所4社を、「料金と紹介人数」「会員データ」「出会いの実績」の3つの視点から徹底比較します。 

料金と紹介人数を比較!

ここでは月6人以上紹介してもらえる条件で、最もスタンダードなプランで比較します!
  エン婚活エージェント パートナーエージェント ツヴァイ ゼクシィ縁結びカウンター
プラン - チームサポートコース パーソナルサポートプランアクティブ スタンダードプラン
初期費用 9,800円 125,000円 105,000円 30,000円
月会費 12,000円 16,000円 13,800円 16,000円
成婚料 0円 50,000円 0円 0円
追加料金 なし なし

あり
パーティーやイベント

参加費用等

あり
パーティーやイベント参加費用
入会時の店舗への来店 不要 不要 必要 必要
紹介される人数 月6人以上を保証 平均月7.5人の紹介  月6人以上を保証 月6人以上を保証
返金保証

3ヶ月以内に出会いがなければ、

登録料・月会費全額返金

3ヶ月以内に出会いがなければ、

月会費20%減額

 なし  なし
※プレミアプランにはあり
1人との出会いにかかる費用 3,633円 18,800円 19,800円 7,666円
3カ月活動して成婚退会した場合の費用 45,800円 223,000円 146,400円 78,000円
おすすめ結婚相談所4社の料金と紹介人数を比較してみましたがいかがでしょうか?
エン婚活エージェント

エン婚活エージェントの圧倒的なコストパフォーマンスが際立っています。1人との出会いにかかる費用がたったの3,633円は驚異的です。

エン婚活エージェントは来店不要の結婚相談所です。他の結婚相談所と比較して店舗運営にかかる費用がいらない、人件費を抑えられるため、非常に安い価格設定になっているようです。

安いだけではなくサービス内容も充実しており、月6人以上の紹介が保証され、さらに返金保証、専任コンシェルジュがついて婚活をサポート、と決して安かろう悪かろうではないサービスが受けられるのがおすすめのポイントです。コストパフォーマンスは最強と言えるでしょう。

店舗に行く時間がもったいない忙しい方やとにかく費用を安く済ませたい方は入会から成婚までネットで完結できる「エン婚活エージェント」がおすすめです。 

エン婚活エージェントの詳細

 

ゼクシィ縁結びカウンター

従来型の結婚相談所の中では、ゼクシィ縁結びカウンターがかなり費用を抑えられます。1人との出会いにかかる費用は7,666円と10,000円を切っています。こちらも専任のマッチングコーディネーターからアドバイスが受けられます。またコーディネーターさんの評判がすこぶるよいのもおすすめのポイントです。

ネットで完結するのは不安、直接コンシェルジュに相談したいけど、やっぱり費用は抑えたいという方には「ゼクシィ縁結びカウンター」がおすすめです。

ゼクシィ縁結びカウンターはパーティーやイベント参加には追加費用がかかりますので気になる方は事前に確認をした方がいいでしょう。 

ゼクシィ縁結びカウンターの詳細

 

パートナーエージェントツヴァイ

費用はあまり気にせずに、とにかくサポートを充実させたいという方やパーティーやイベントにも参加したい方、自分の住んでいるエリアにエン婚活やゼクシィの店舗がない方は「パートナーエージェント」、「ツヴァイ」をおすすめします。

どちらも費用の折り合いさえつけば自信をもっておすすめできる結婚相談所です。パーティーやイベントは出会いの選択肢が広がるので絶対おすすめです。紹介でなかなか出会えなかった人がパーティーで出会えたという声はよく聞きます。ただし、別途費用がかかりますので、費用が気になる方は、その辺りも検討材料に加えた方がいいでしょう。

パートナーエージェントの詳細

ツヴァイの詳細

 

会員データを比較!

次におすすめ結婚相談所4社の会員のデータを比較してみましょう。
  エン婚活エージェント パートナーエージェント ツヴァイ ゼクシィ縁結びカウンター
会員数 21,859名
(2018年6月現在)
11,688名
2018年5月現在
26,235名
2017年2月現在
8,700名
2017年11月現在
男女比率 男性:48%/女性:52% 非公開 男性:50.1%/女性:49.9% 非公開
コネクトシップ※への加入

  

コネクトシップとは
コネクトシップとはパートナーエージェントが運営する結婚相談所相互間の会員紹介サービスです。コネクトシップに加入している結婚相談所の会員数は約6万人。連携している他の結婚相談所の会員も紹介してもらうことができるので出会いの選択肢が広がります。
おすすめ結婚相談所4社の会員データを比較してみましたがいかがでしょうか?
▶ポイント1

会員数を比較するとやはり全国55店舗の最大級のネットワークでツヴァイが活動中の会員数26,235名(活動休止中の会員を除く)と一番多いですね。男女比率はだいたい半々とバランスが取れているのではないでしょうか? 

▶ポイント2

エン婚活エージェントは比較的新しい結婚相談所でありながら、会員数が2万人を超えてきました。会員数の伸びが著しいですね。男女比率も以前は少し男性多めでしたが、今はバランスが取れてきていますね。コスパを気にする女性会員の伸びが大きいようです。

会員数が伸びているタイミングがおすすめの入会時期です。

▶ポイント3

実はコネクトシップへの加入も最も大きなポイントの一つです。コネクトシップはパートナーエージェントが運営する結婚相談所相互間の会員紹介サービスで、コネクトシップに加入している他の結婚相談所の会員も承諾を受けて紹介を受けることができます。コネクトシップに加入している結婚相談所全体の会員数は約6万人ですので、出会いの選択肢が圧倒的に広がりますのでコネクトシップに加入している結婚相談所がおすすめです。

 

会員年齢を比較!

◆男性会員
結婚相談所比較

まずは男性会員からです。

40歳以下の男性会員の割合はエン婚活エージェントが約50%、パートナーエージェントが53%、ゼクシィ縁結びカウンターが67%となっています。ツヴァイは公開されているデータの区分が違うので後で別途解説しますね。

やはりゼクシィ縁結びカウンターが若めの年齢層に人気といったところでしょうか。ただし、ここで比較した3つの結婚相談所はいずれもコネクトシップに加入しており、どの結婚相談所の会員も相互に紹介が可能です。

年齢についてはそこまでこだわるポイントではないですが、やはりどこの結婚相談所でも自分のところの会員同士をまずは引き合わせたいという意向は働くので、自身のニーズにあっているか総合的に見極めるのがおすすめです。

男性は出産するわけではありませんので、年齢よりも比較的年収等の条件の方が重要視されます。ご自身の条件面に不安がある方は、他の結婚相談所からも紹介してもらえる結婚相談所をを選んでおくのがおすすめです。

 

◆女性会員 
結婚相談所比較

続いては女性会員です。

35歳以下の女性会員の割合はエン婚活エージェントが約50%、パートナーエージェントが同じく約50%、ゼクシィ縁結びカウンターが69%となっています。

やはり若い女性に圧倒的な人気です。さすがゼクシィブランドと言ったところですね。若い世代におすすめの結婚相談所です。ただし、ここで比較した3つの結婚相談所はいずれもコネクトシップに加入しており、どの結婚相談所の会員も相互に紹介が可能です。

若い女性と結婚したいからといってゼクシィに入ればよいというものではないようですが、参考にはなるでしょう。どの層にフィットする婚活サポートがその結婚相談所が得意なのかということを判断する材料にするのがおすすめです。

若い女性会員が多めなら、自分が女性ならライバルが多いということになりますし、自分が男性ならば若い女性側の条件が厳しくなかなかマッチングしないということも考えられます。ご自身の条件面に不安がある方は、他の結婚相談所からも紹介してもらえる結婚相談所を選んでおくのがおすすめです。

 

◆ツヴァイの場合 
結婚相談所比較

続いてはツヴァイです。
40歳未満の男性会員の割合は約34%、40歳以上50歳未満の男性会員の割合は約44%となっています。40歳未満の女性会員の割合は約59%、40歳以上50歳未満の女性会員の割合は約32%となっています。

ツヴァイでは他の結婚相談所とは公開されているデータの区分が少し違います。

婚活の場合、30代前半なのか・30代後半なのか、40代前半なのか・40代後半なのかは非常に大きな違いであり、皆さん気にするポイントです。結婚相談所でありながら、このような集計でデータを公開しているということは、あくまで推測ですが、年齢層は高めなのではないでしょうか。

ツヴァイの場合は、地方も広く対応している結婚相談所なので年齢層が高めなのかもしれません。年齢層が高めということが必ずしもマイナスではありませんので、自分のニーズにあっているかは総合的に見極めるのがおすすめです。

  

会員の年収を比較!

続いては、かなり気になる会員の年収を比較します!
◆男性会員
結婚相談所比較

まずは男性会員からです。

ゼクシィ縁結びカウンターは会員の年収情報は公開されていません。やはり会員が比較的若い世代が多い結婚相談所なので、公開されていないということは低めではないかと推測できます。

ツヴァイは公開されているデータの区分が違うので後で別途解説しますね。

エン婚活エージェントは年収601万円以上の男性会員が43.5%、HPによると年収600万円以上が45.6%となっています。年収401万円以上の男性会員は86.6%となっています。

パートナーエージェントは年収601万円以上の男性会員が36.5%年収401万円以上の男性会員は79.3%となっています。

国税庁の2016年分「民間給与実態統計調査」によると1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は 422 万円(対前年比 0.3%増)です。

男女別にみると、男性 521 万円(同 0.1%増)、女性 280 万円(同 1.3%増)となっていますので、エン婚活エージェントの年収600万円以上の男性会員が45.6%もいるというのは、かなりおすすめのポイントではないでしょうか。

もちろん年収がすべてではありませんが、男性の年収はかなり重要なポイントであることは間違いありません。 

エン婚活エージェントもパートナーエージェントもコネクトシップに加入していますので、他の結婚相談所との相互紹介が可能です。

ただ、やはりどこの結婚相談所でも自分のところの会員同士をまずは引き合わせたいという意向は働くので、自身のニーズにあっているか総合的に見極めるのがおすすめです。

  

◆女性会員 
結婚相談所

続いては女性会員です。
ゼクシィ縁結びカウンターは会員の年収情報は公開されていません。

女性の年収水準はやはり男性と比較して低めです。政府の成長戦略の中核として「女性の活躍」が掲げられている中、女性の年収水準が男性よりも低いのは寂しい話ですね。保育所などのインフラ整備などが進んで結婚や出産のライフイベントがあっても女性が活躍できるような環境になるといいですね。

ゼクシィ縁結びカウンターは特に女性が若い世代が多い結婚相談所なので低めではないかと推測できます。ツヴァイは公開されているデータの区分が違うので後で別途解説しますね。

エン婚活エージェントは年収401万円以上の女性会員が47.2%となっています。
パートナーエージェントは年収401万円以上の女性会員が38.4%となっています。

国税庁の2016年分「民間給与実態統計調査」によると1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は422万円(対前年比 0.3%増)です。

男女別にみると、男性 521 万円(同 0.1%増)、女性 280 万円(同 1.3%増)となっていますので、エン婚活エージェントの年収401万円以上の女性会員が47.2%もいるというのは、かなりおすすめのポイントではないでしょうか。

女性に対しては年収よりもやはり年齢や容姿を重要と考える男性も多いようですが、年収が高いに越したことはないですよね。

厚生労働省等の調査によると、2017年には共働き世帯が1188万世帯、専業主婦世帯が641万世帯と共働きの世帯が7割近くいることになります。1980年には専業主婦世帯が1100万世帯以上あったので、完全に逆転しています。

共働きが当たり前の時代になってきていますので女性も年収が高いということも今後は大きなおすすめのポイントになってくるかもしれません。

 

◆ツヴァイの場合 
結婚相談所比較

続いてはツヴァイです。
ツヴァイは年収700万円以上の男性会員が27.7%、年収500万円以上の男性会員は68.2となっています。

年収500万円以上の男性会員が7割近くいるということは、国税庁の2016年分「民間給与実態統計調査」の男性の平均給与 521 万円と比較して、いい数字と言えるのではないでしょうか。

一方、女性会員の方はやはり年収は他の結婚相談所同様に低めですが、年収300万円以上の女性会員が66.1%とこちらも国税庁の2016年分「民間給与実態統計調査」の男性の平均給与 280 万円と比較して、いい数字と言えるでしょう。

 

出会いの実績を比較!

続いては一番重要な出会いの実績を比較します。結婚相談所で公開されているデータをまとめてみます。

結婚相談所ごとで公開されているデータは集計年度も様々で項目も全然違いますね。

結婚相談所では会員を増やすために自分のところが一番よく見えるデータをよく見える年度で公開をしています。結婚相談所を比較して選ぶ側からすれば同じ項目を同じ集計方法で公開してくれればと思いますが、企業としては何もルールがない中、自分のところがよく見えるデータを公開するのが当然ですよね。

そういう事情もあり一概に比較はできませんが、データがなければ実績は何もわかりません。実績データを出してくれているだけありがたいです。せっかくデータがあるのですから、そこからわかる情報を最大限活用していきましょう。

  

▶お見合い

紹介を受けてもお見合いが成立しなければ始まりません。エン婚活エージェントでは6ヶ月以内に99.7%の人がお見合いをしています。

 

▶デート

お見合いの後はデートにこぎつけるのが大事、ゼクシィ縁結びカウンターでは活動開始から1ヶ月以内に約8割の方がデート成立しています。

 

▶交際

デートを重ねて真剣交際にいたる見極め期間のことです。
エン婚活エージェント、パートナーエージェントでは会員の約半数が交際できています。パートナーエージェントでは入会から交際にいたるまでの期間は72.1日、約2ヶ月半で半数の方が交際できています。

 

▶成婚

成婚というのは結婚相談所の一般的にはお互いに結婚の意思を固めることです。成婚率を公開しているのはパートナーエージェントだけです。パートナーエージェントの成婚率は2016年4月~2017年3月実績で28.6%、成婚者数は3,476人となっています。

パートナーエージェントの成婚率は、「年間成婚退会会員数÷年間平均在籍会員数×100」で計算しています。

ツヴァイでは、成婚率は公開されていませんが、成婚者数は2016年度実績で5,613人とパートナーエージェントよりも多いです。ただし、ツヴァイの会員数はパートナーエージェントよりも多いですよね。

ツヴァイの2017年2月会員から休会中の会員を除いた26,235人を分母として、成婚者数5,613人を分子として計算すると、ツヴァイの成婚率は21%程度と推測できますね。

結婚相談所を検討している方や実際に利用した方から「成婚退会=結婚じゃないから信用できないんじゃないの?」という声を聞くことがあります。確かに、結婚相談所の成婚退会の定義は「成婚退会=結婚・入籍」ではありませんが、一般的に結婚を前提に退会することをいいます。

成婚退会して結婚しない人、成婚退会の理由が別でお相手を見つけたからという人も一定数は確かにいるでしょう。ただ、全体の中で後者の割合が成婚率や成婚退会者のデータが信用できないものと決めつけられるほど大きいとは思えません。

とにかく結婚に向けて前向きに1歩進んだ会員がどのくらいいるかという確かな実績ではありますので参考にしてみるのがおすすめです。 

3つの視点からおすすめ結婚相談所を比較してみましたがいかがでしょうか?

  

【必見!】最後にここだけは見ておいてください!

最後に、これまでご紹介したおすすめ結婚相談所4社のデータの重要なところだけをまとめていきます。これまでの総括ですので、時間のない方はここだけ見ておけば間違いありません。 ここでご紹介する結婚相談所は自信をもっておすすめできる結婚相談所だけですが、ひとつ言えることは婚活では主体性をもって動かない方は失敗します。結婚相談所に限らずですが、婚活サービスはツールに過ぎません。ツールはうまく使いこなしてなんぼです。

例えば、”仕事が忙しいから来店不要のエン婚活”、”プロフィールに自信はないけど、コミュ力には少し自信があるからパーティー・イベントが豊富な結婚相談所”、など実際の婚活をイメージして選択するのがおすすめです。どこが自分のしたい婚活のイメージにあっているかを見極めてください。そして、結婚相談所に入会したからといって結婚相談所任せにせず、自分から積極的に活動するのがおすすめです。

 

自分にあった結婚相談所がどこかしっかりと見極めていきましょう!
   エン婚活エージェント パートナーエージェント  ツヴァイ ゼクシィ縁結びカウンター
費用      初期費用  9,800円  125,000円  105,000円  30,000円
 月会費  12,000円  16,000円  13,800円  16,000円
 成婚料  0円  50,000円  0円  0円
 1人と出会うまでの費用  3,633円  18,800円  19,800円  7,666円
 3ヶ月で成婚退会した場合  45,800円  223,000円  146,400円  78,000円
  コネクトシップ※への加入  〇  〇  ✖  〇
  紹介人数  月6人以上  平均月7.5人  月6人以上  月6人以上
  返金保証

3ヶ月以内に出会いがなければ、

登録料、月会費全額返金

3ヶ月以内に出会いがなければ、

月会費20%減額

なし なし
※プレミアプランにはあり
  追加料金  なし  なし あり  あり

※コネクトシップとはパートナーエージェントが運営する結婚相談所相互間の会員紹介サービスです。コネクトシップに加入している結婚相談所の会員数は約6万人。連携している他の結婚相談所の会員も紹介してもらうことができるので出会いの選択肢が広がります。  

【サービスの特徴】
エン婚活エージェント :ネットですべて完結・来店不要

パートナーエージェントチーム体制による手厚い婚活サポート、パーティー・イベントあり

ツヴァイ最大店舗数・地方もカバー、パーティー・イベントあり

ゼクシィ縁結びカウンター専任コーディネーターによるワンストップ婚活サポート、パーティー・イベントあり

実績】
エン婚活エージェント :3ヶ月以内に97.1%、6カ月以内に99.7%がお見合い成立

パートナーエージェント成婚率28.6%(2016年4月~2017年3月実績)

ツヴァイ成婚数5,613人(2016年度実績)

ゼクシィ縁結びカウンター活動開始から1カ月以内に約8割の方がデート成立

結婚相談所をコストパフォーマンスで選ぶなら「エン婚活エージェント」、「ゼクシィ縁結びカウンター」がおすすめサポートの充実で選ぶなら「パートナーエージェント」、「ツヴァイがおすすめです。 

エン婚活エージェント、ゼクシィ縁結びカウンターはエリアが少し限定されますので、サービス対応エリアを確認しましょう。
  エン婚活エージェント パートナーエージェント ツヴァイ ゼクシィ縁結びカウンター
コストパフォーマンス 1位 4位 3位 2位
紹介数 ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
実績 ★★ ★★★ ★★ ★★
さて、今回ご紹介したおすすめ結婚相談所4社の中で、興味を持った結婚相談所はどれでしたか?

アラサー、アラフォー世代には迷う時間はあまり残されていません。自分にあった結婚相談所を1日でも早く1歳でも若いうちに選ぶことをおすすめします!
▶圧倒的コストパフォーマンスのエン婚活エージェント
エン婚活
エン婚活は9,800円の登録料と12,000円の月額費用だけ。 追加費用は一切なし。
毎月6名以上の紹介をコミット、内容充実でコスパ最強なのがおすすめポイントです。

エン婚活エージェントの詳細

 

▶充実のサポート内容のパートナーエージェント
パートナーエージェント
パートナーエージェントは成婚率No,1。
婚活のプロがチームで婚活をサポートしてくれるのでおすすめです。

パートナーエージェントの詳細

 

▶店舗数最大級、老舗の実力のツヴァイ
ツヴァイ
きめ細かい料金プランと多様な出会いのプランで人気があります。
会員数が多く地方もひろく対応しているのでおすすめです。

ツヴァイの詳細

 

▶対面型の結婚相談所としては破格の料金、若い世代に人気のゼクシィ縁結びカウンター
ゼクシィ縁結びカウンター
入会金30,000円、月会費9,000円からと費用が抑えられるのがおすすめポイントです。
ゼクシィブランドの人気から若い世代の会員が多いです。

ゼクシィ縁結びカウンターの詳細


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォー婚活の成婚率1%!?厳しい現実と成功させる方法を漫画で解説!

PAGE TOP