【知っておくと便利】上手に交際を断る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
婚活コラム写真
  • 関連キーワード:
  • 失敗
  •  

婚活をしていると、「この人とは合わないな…」と感じることがあります。いい人だけど恋愛対象ではない、実際に会ってみると生理的に合わない、など理由はさまざまですが、そんなときに困るのが断り方。

どんなタイミングでどうやって断れば相手が傷つかずに済むか悩むところですよね。

特に何度もメールをしていてそれなりに仲良くなった後だと、断るときにどうしても気が引けてしまいますし、自分から会いたいと言ってしまっている後だと尚更断りにくいですよね。相手が遠方からわざわざ会いに来てくれた場合などは更に言い出しにくいかもしれません。

しかし残念ながら、相手を全く傷つけずに断ることはできません。逆を考えてみれば分かりますが、気に入っている相手に断られた場合に、どんな言葉であっても「断られた」という事実には変わりはありませんので、あなたも必ず傷つきますよね。

しかしその代わりに、断り方によって傷つくことを最小限に抑えることはできますから、ここでは上手に断る方法についてご紹介しましょう。

断ると決めたら早めに断る

どんな相手でも断るのは気まずいものですが、ためらっていればいるほど相手に失礼になります。先方にしてみればもっと仲良くなって距離を縮めていきたいと思っているかもしれませんし、あなたと結婚を考え始めているかもしれません。

ですのでその気もないのにダラダラ会ったり連絡をしているほうが余計に残酷なことになるのです。この人と自分は合わないと自分の中で結論が出たら、出来るだけ早めに断るようにしましょう。

言いにくいと思って先延ばしにすればするだけ言い出しにくくなりますし、お互い次のステップにも勧めなくなります。

つまり成婚相手と巡り会う時期もそれだけ遅くなりますので、ためらっていてもいいことは何一つありません。

はっきりと断る旨を伝える

相手に対して合わないなと感じたら、それをはっきり伝えるようにしましょう。「今はまだそんな気分になれない」「お友達としてなら…」などと曖昧な言葉を使っていると、相手はチャンスがあると思って誤解をさせてしまいます。

するとまた新たな誘いを断るために悩んだり、その気もないのにデートを重ねてしまうなど悪循環に陥りますので、自分の言葉ではっきりと断る旨を伝えるようにしましょう。

断りの例文

…相手との相性が合わないと感じたとき

“大変申し訳ないのですが、○○さんとは結婚を前提にしたお付き合いには至らないと感じています。このまま中途半端なままでいるのも失礼かと思い、お断りをさせて頂きたいと思います。”

…他に気になる異性がいるとき

“大変申し訳ないのですが、他に気になる方ができましたので、その方と結婚を前提としたお付き合いをしたいと考えています。中途半端なままですと失礼かと思いましたので、お断りをさせて頂きたいと思います。”

やってはいけない断り方

しかしはっきり伝えるにしても、やってはいけない断り方が2つあります。それは相手を否定することと、下手に励ましてしまうことです。

数回会っただけではその人の全ては分からないもの。それなのに相手をよく知らないうちからあれこれ否定してしまうと、本人は酷く傷つきますし、怒らせてしまう可能性もあります。

またそれを伝えた自分も自己嫌悪に陥って気分が暗くなり、婚活自体に影響が出てきてしまいますから、ネガティブなことは書かずに「自分には合わない」という旨を簡潔に伝えるようにしてください。

また相手の気分を少しでもよくしてもらおうと、下手に励ましてしまうと逆効果になります。

「○○さんはとっても素敵な方なので、すぐにいい人が見つかりますよ!」なんて振られた相手にいわれても説得力がありません。「お互い婚活頑張りましょう!」などと無難な言葉で締めるのがお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォー婚活の成婚率1%!?厳しい現実と成功させる方法を漫画で解説!

PAGE TOP