騙されるな!!盛り写メテクニックは意外と簡単

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
婚活コラム写真
  • 関連キーワード:
  • 失敗
  •  

婚活サイトは自分の内面や性格をアピールできるのがメリットですので、外見に自信のない人でも引け目を感じることなく婚活することができます。

しかし、相手とやり取りをするところまでたどり着くには、やはり「顔」のチェックはとても重要な要素となってきます。

あなたがどんなに温かいハートを持っていようと、写真を見て興味を持ってもらわないことには何も始まりません。

別にかっこいいとか美人であるとかいうことだけではなく、写真はその人の雰囲気や感じが分かるものですので、やはり見てみたいというのが本音でしょう。

実際写真写りがいいと異性からのアプローチも大きく変わってきますから、「奇跡の一枚」を撮るために頑張りたいところ。

しかし逆に相手の写真を見て気に入っても、実際に会ってみると雰囲気や体型が違った…という声も聞きますので、ここでは盛り写メテクニックに騙されないチェックポイントをご紹介します。

上から撮った写真

手を伸ばして、上から撮る写真は自撮りの定番ですよね。

しかし上から撮った写真は、顔が大きく写ってからだが小さく写りますので、顔とからだのバランスがおかしくなり、多少ぽっちゃりしていてもスリムに写ります。

そのため上から撮った顔アップの写真は体型に自信がないことが多く、実際に会うと写メよりもぽっちゃりしていた…というケースもあるようです。

また上から撮ると上目遣いになりますのでかわいらしい雰囲気を出すことができ、黒目を大きく見せたり目が潤んだような状態で写りますので注意してください。

アップすぎる写真

特に女性に多い、顔をアップで撮る写真。重点を目に置き、鼻と口がやっと見えるくらいのものは、実際に会ってみるとかなりの確率でギャップを感じます。

もちろん本人のパーツであることは間違いないのですが、パーツだけを見るのと顔全体のバランスで見るのは大違いです。

真近で写真を撮ることにより印象的な目元を演出することができ、実物よりも深い顔立ちに見えるようです。

これは写真だけを考えたら素晴らしいテクニックですが、かなりの盛り要素が入っているため、実物との違いにショックを受ける可能性が高いです。

正面ではなく斜めから撮った写真

人の顔は左右非対称になっていますので、右側から見たときと左側から見たときの写り方は若干違うものです。そのためモデルは自分が一番よく見える方向を研究しており、正面から写らずにきれいに写る斜め方向から撮るのが一般的です。

上手に自撮りを引いてしている人の写真を見ると、どれも斜めから撮られたものばかり。特にあごを引いて顔をやや傾けている写真は盛り写メの可能性が高いです。

光が強く当たっている写真

同じ写真でも、光を当てるだけで随分と写真の印象が違ってきます。光が当たると肌の小じわやくすみが飛び、透明感のある肌質に見せることができるのです。光のおかげで陰影がつき、顔立ちをはっきりさせる効果もあります。

強く光を当てることで顔のパーツを飛ばすこともできますから、鼻や口、ほほなど、自分が好きではないパーツを隠すことも可能なのです。

写真館などで撮られた写真はまだ大丈夫ですが、スマホのアプリで加工された白い写真には注意が必要です。

低い画質の写真

最近のスマホのカメラは、ハイテクのカメラにも負けない高画質です。

水滴ひとつも鮮明に映し出す性能は素晴らしいですが、逆にいうと顔のトラブルや欠点も鮮明に写し出すということになります。そのためあえて画像を低く設定して撮影されることが多く、実物を上手にぼかしてキレイに写る盛りテクとして知られています。

低い画質の写真はなんとなく雰囲気を掴むのみと考えて、写真そのものを信じないほうがいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォー婚活の成婚率1%!?厳しい現実と成功させる方法を漫画で解説!

PAGE TOP