婚活サイトホーム > オタク婚活

オタク婚活について

口コミ:29
オタク婚活の写真
オタクの人が婚活していてポイントになってくるのは「オタクに理解ある人と結婚したい」というのが一番の条件でしょう。
オタクという事に劣等感を持ち、こんな自分を理解してくれる人はいないだろうなんて自宅にこもってしまっているのはちょっと前の頃のお話。
今はオタク文化も認められ、その趣味はテニスや料理と同じ趣味のカテゴリーのひとつです。例えニッチなオタクの趣味でも、分母の多いネット婚活をすれば必ず話の合う異性に巡り合えます。
好きなものが一緒で、一人より二人でそれを分かち合って盛り上がった方がもっと楽しいです。一人で楽しむにしても、自分の趣味に没頭する時間を作ることをお互い尊重し、理解できるので結婚してもうまくいきます。
オタクの分母が増えてきた分、オタク限定のパーティーがあったりとオタク向けの婚活が多くなってきています。 同じ趣味の人が集まっているので、自分の趣味を言って微妙な反応をされる不安も全くなく、同じ話で盛り上がれるのでカップル率も高いのが魅力です。

♦オタク同士はもちろん、そうでない人にも需要あり♦

オタクの読書写真
オタク文化が盛んになり珍しすぎることでなくなった今、実はオタクではない人からの需要も増えてきています。
何か一つの事に深くハマれるのは一途な証拠です。真面目な人が多いので浮気の心配もありませんよね。
また趣味にお金を使うだけの人が多く、私生活は派手ではないので貯金があったりと、金銭感覚も悪くありません。そもそもお金がなければオタクな趣味もできないので、オタクな人は収入も問題ない人も多いです。
女性は年収を気にすると言いますが、高い年収があっても交際費にガンガン使う人より、本当に好きな事にだけ必要経費として出費している男性の方が、安定した生活を送れそうでいいと感じます。
外見もニュースで特集されるようなザ・オタクな人も少なく、趣味についての知っている情報量が多くて、意外と話も面白く、オタクでなくてもコミュニケーションも普通に取れて良かったという意見も多く聞きます。 女子も可愛い子が多く普通の外見で、インドアな人が多いだけあって家庭的な部分もある人が多く好印象と一般男性受けもいいです。

もし、今このページを見ているオタクの方がいらしたら、もっと積極的に婚活してみたらいかがでしょうか?自分が思っている以上にニーズがあると思いますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP