婚活サイトホーム > 婚活コラム一覧 > 結婚相談所に登録だけして婚活をしない幽霊会員たちの実態

結婚相談所に登録だけして婚活をしない幽霊会員たちの実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
婚活コラム写真

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。

私は「出会いがない」という方専門に恋愛~婚活のお手伝いをしております。

「婚活サイトは登録したけれどもうまくいかなくて」
「結婚相談所は入ったけれどうまくいかなくて」
「婚活パーティーいったけれど現実は厳しいですね」
と悲壮感を持ってご相談にいらっしゃる方がおります。


では、何があったのかと聞いてみると、出会いがないというより出会ってないのです。



幽霊会員はいるだけで結婚相談所は潤う


「半年ぐらい前に結婚相談所に入会して、2人ぐらい会ったんですけど…ダメでした」 と。半年2人って、1か月1人未満だ。次に行けばいいのですが、断られたのかよほど変な人に遭遇したのかそこで戦意喪失し心が折れてしまったのだとか。


結婚相談所で働く方だって初めはそんな幽霊会員に対して「最近お忙しいですか?」ぐらいは連絡するかもしれないが反応がなければ放置でしょう。 だって、月謝1万円はちゃんと引き落としされるのだ。

そして、2年(結婚相談所によりけり)の規定期間を過ぎれば彼女は退会となるが退会者を「成婚者」とカウントするため、彼女のような幽霊会員はいても結婚相談所は潤うのだ。

そんな動く気配もない幽霊会員に対して、貴重な時間を使ってアドバイスをする必要もないでしょう。


結婚相談所が学習塾なら、私は家庭教師。
サボり防止、モチベーション管理、進捗管理まで行うんです。



何事も面倒くさがる会員は幽霊会員予備軍


マッチングサイトに登録しても、メールのやりとりが面倒くさくなって誰とも会わない方もいた。1人が長い方は、人と連絡を取って日程を決めて会うことを面倒くさがる。

それを面倒くさいといったら何もできませんよ。そんなこと言っていたら、結婚が決まってから、予定を確認して時間と場所を決める親同士の顔合わせとかもっと面倒くさいのに。


ある方は婚活パーティーで惨敗だったらしい。 しかしよく聞けば、途中で帰っちゃったのだとか。それじゃ、誰ともマッチングしないのに。というか失礼でしょう。

お金だってもったいないし、中途半端にかけた時間ももったいない。 こんな幽霊会員ってどれくらいいるのでしょうね。予想ですが1割は幽霊会員だと思ってます。



幽霊会員の月謝に支えられている可能性も


私の知り合いに体重80キロを超える女性がいる。健康のためにも「痩せたら?」と言ったことがあるのですが。 「フィットネスクラブは入会しているよ」と言っていた。

よくよく聞けば「2週間前にヨガをしに行ってお風呂に入って帰ってきた」とか。
それで痩せるわけがないでしょう。

これでも月謝1万円は毎月引き落とされる。


フィットネスクラブは幽霊会員が全員退会してしまったら潰れてしまうらしい。トレーナーをつけると痩せると言われているのはサボらないからというのもありそうですね。



行動しなければパートナーに出会えない


有名大学を卒業したが、就活に失敗しフリーターになった方の話を聞いたことがある。

「就活したけれど落ち続けて、心が折れたんです」確かに就活は厳しいでしょう。
孤独でしょう。不採用の案内が続いたら心が折れるかもしれない。


「何社、受けたんですか?」と聞いたら「6社」だった。
「たった6社ですか!」とびっくりしてしまった。

第一志望大学合格して今まで挫折したことがなかったのでしょうね。6社も受けて6社とも落ちた。たった6社だけ受けて6社落ちた。同じ事実をどう捉えるかで全く違うけれども。


アラフォーで婚活を始めて、1年で結婚した方はお見合いパーティーで33人とデートをしたと言っていました。私はこれぐらい普通だと思う。年齢が上がるほど、男女ともいい人は減るのでこの数字は多くなるでしょう。

モテないのではなくて、継続もせず行動もせずだからパートナーに出会えないのだ。


菊乃の写真
婚活コンサルタント「菊乃」

28歳まで個性と手抜きを取り違えていたバカ女。彼氏ができる過程を書いたブログが人気になり本を出版。2011年に恋愛・婚活相談で独立。 これまで約800名の女性の相談にのってきた。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

限定PDF公開中

PAGE TOP