婚活サイトホーム > 婚活コラム一覧 > 結婚できない女の言い訳:30代「いい男がいない」、40代「親のせい」

結婚できない女の言い訳:30代「いい男がいない」、40代「親のせい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
婚活コラム写真

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。

病気と同じで恋愛・婚活の相談も早期に来てほしいと常々思う。
死にはしないけれど、非モテは年齢を重ねるたびに悪化をする。
そして、本人がそれを必死に隠そうとして、いろんな言い訳をするようになる。

その言い訳内容が年齢によって進化していくのが面白い。

パートナーがいない理由を25歳ぐらいの女性は、
「モテないんです」
「性格もかわいげなくて」
と自分の責任と考えがち。

若くて気が付いている時点でかわいくないということは決してないし、ちょっと話し方を変えるとか、メイクを変えるとかそんなことですぐに結果はでるものです。

何より、20代は紹介、誘いも多い。



周りが結婚し始めると言い訳が多くなる(30代以降)



国勢調査だと女性の平均結婚年齢は29歳。男性31歳。平均で4.3年交際期間があるらしい。
つまり29歳で結婚する女性は24歳ごろの彼氏とゴールインするのです。

誘いや紹介が最も多い時期をボーっとして過ごしてしまった方はあっという間に30代に突入する。

29歳、30歳、31歳ごろの方は
「いい男がいない」
「みんなで会おうと誘われるけれど二人っきりであうことがない」
「興味がない人からは連絡先聞かれるのに、いいなと思う人は相手がいる」
という。

そりゃ~、そうだ。
30歳前後の男性は結婚適齢期ですから、良いな~と思う人ほど相手がいるもの。

いい男がいないように見えるのは、本人がいい女じゃないからなのだ。誘ってくれる男性が自分のレベル。



30歳以上になるともはや環境のせいで結婚できてないという言い訳



30歳を超えるころから女性は「いい男消滅論」「草食系男子増加論」を信じるようになる。
彼氏ができないのは男のせいなのだ。

ここで自分のレベルを上げる努力をして、せっかく誘ってくれた男性ととりあえず食事に行くぐらいのことをして男に慣れてほしい。

しかし興味がない男性と会うことを「妥協したくない」「生理的に受け付けない」などといって自分のレベルを受け入れずにいればすぐ35歳になる。

35歳以上の方は
「出会いがない」
「紹介もされない」
「不景気で男性の給料が下がったために養う男気がある男性が減った」
といいがち。

自分が結婚できないのは、周り、環境、社会のせいなのだ。

この辺から自分と向き合うことがなかなか難しくなってくる。平等にあったはずの若さを無駄遣いしたのは誰?と思うのだが、その責任が自分にあるとは認めたくない。



結婚できない40代は親の育て方までも否定する



40歳前後の方は
「親の育て方のせいで人付き合いが苦手」
「親が厳しくてやりたいことがわからなかった」
「同じような独身の友だちといたから危機感がなかった」

と選挙権をもってから20年近くたつ人の発言とは思えないほど責任転嫁をする。

よく出てくるのが「親」というワード。

40代は平気で結婚できないのを親のせいにする。

家族のことは他人が口出ししにくい。

20代前半でも親が過干渉気味な方はいる。しかし、そのころは遅かろうが親に異議を唱えて一人暮らしを始めたりするのです。20代はまだ親のせいにしません。

結婚できないのもモテないのも全部も100%自分のせいよ。

だって、自分と未来しか変えられないのに、過去と他人のせいにしていたら何も変わらない。


菊乃の写真
婚活コンサルタント「菊乃」

28歳まで個性と手抜きを取り違えていたバカ女。彼氏ができる過程を書いたブログが人気になり本を出版。2011年に恋愛・婚活相談で独立。 これまで約800名の女性の相談にのってきた。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP