婚活サイトホーム > 婚活コラム一覧 > 婚活パーティーで勝ち抜くには、美人と高スペック男子とは違う方法を

婚活パーティーで勝ち抜くには、美人と高スペック男子とは違う方法を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
婚活コラム写真

婚活コンサルタントの菊乃です。


私も遠い昔いったことがある婚活パーティー。 椅子取りゲームのように男女が向かい合って座り、3~5分ごとに男性が席を1つずつ移動していきます。

大量の異性に一度に会えるというのがメリットのようです。



婚活パーティーは第一印象が命


婚活パーティーでは、名前、仕事、趣味、休日の過ごし方、年収などをプロフィールカードに書いておくところが多い。相手に見せるためです。

ところが読むのが遅い人だと、このカードに目を通すだけで1~2分経つ。どんな人なのかなんて分からないまま時間は過ぎて、「はじめまして。佐藤A子です。新宿で会社員をやっています。」という自己紹介を10~20回続けるのです。


相手を覚えることもできないまま一巡する。

その後のフリータイムでは気になる人に話しかけてみることができるのですが、
この時に髪が綺麗でニコニコしていた美人の前に行列ができるのです!



美女と高スペック男に敵わないなら、マニア向けを狙う


「この美人は無理だな」と、思った男は2、3番目に可愛いと思った女性の前に行きます。

要するに初対面で「かわいい女性だな」と思われた参加女性の2割が8割の男性を持っていくのですよ。自分の目の前では当たり障りのないことをいっていた男性が、美女の前で「〇〇アナウンサーに似ているって言われませんか?」と褒めたたえるのです。

人って相手によって態度がガラッと違いますね。


2割の女性が選べる立場なのだ。わずかな時間の中でインパクトを残せるとしたら、年収、仕事、趣味でしょう。こうして上位2割がマッチングするために8割が引き立て役になるというのがメジャーな婚活パーティーです。

地味な女性にとって、面白い男性がいないつまらない経験でしょうね。しかし8割の男女は頭を使って勝ち抜きましょう。万人受けする点では、美女と高スペックには敵いません。

マニア受けを狙うのです。10人中1人か2人に響くことをアピールしましょう。



①酒豪・酒好きアピール


お酒が好きな男性にとって、どんなお酒も飲める女性は頼もしい。甘いカクテルを注文する美女より、日本酒に付きあってくれる女性のほうがいいという男性は多い。

底なしに飲める、飲むのが好き、飲みすぎ武勇伝等、引く人も多いでしょうけれど、合う人はいるはず。 「五反田にビール〇〇〇円のすっごく安い居酒屋あるんですよ」 「へ~、どこ?行ってみたいです」 となったら初回のデートはほぼ成立するでしょう。



②地方出身地アピール


もしあなたが地方から出てきて都会に住んでいるとして、郷土の方に偶然会ったら親近感を持つでしょう。「何中学校?え!そこに従姉妹が行ってたよ~」と狭い田舎はいろいろつながりやすい。運命すら感じるかもしれない。

なお、東京はあちこちに郷土料理のお店があります。「ここ行ってみたいんだよね」「久々に〇〇食べたいね。一緒に行きましょう」となれば初回デートは成立します。


同郷ではないにせよ、旅行や出張でそこに行ったことがあるという方もいるでしょう。

婚活パーティーではなくて、SNSなどの〇〇県人会というコミュニティーのオフ会参加もおススメ。結婚したら帰省先が同じ方向、料理の味付けが似ているというのはとてもメリットがあります。



③スポーツ観戦好き


具体的な応援チームまであればスポーツ観戦好きをアピールするのもいいでしょう。
「じゃあ、一緒に見に行こう」となって結婚に至ったカップルをいくつか知っております。

私はあまりスポーツ観戦をしないのでよくわからないのですが、さほど強くないチームのほうがファンの結束力は強い気がします。


応援しなきゃいけない放っていけない感があるんでしょうか?財力のある読売ジャイアンツ等が好きな方はあまりアピールしないほうがいいかも。



④鉄道マニア、歴史マニア


一定数の人口がいることが確認されている鉄道好き、歴史好きもアピールしやすいですね。

しかし、ライトな愛好者をミーハー扱いして嫌うマニアもおりますので、
マニアでもないのにマニアのふりをする必要はありません。



⑤アウトドア好き


美女、高スペックに対抗するなら一緒にいることでの居心地の良さをアピールしましょう。美女、高スペックはある意味都会のヒエラルキー上位層です。

アウトドアが好き、公園で散歩をしたい、海を見てボーっとしたい等の自然の中でリラックスした休日を過ごすことが譲れないという方は、そこをアピールしてみましょう。



まとめ


所謂、周りに自慢できるような美女、イケメン、高スペックは刺激的な相手です。
インパクト強いです。しかし、どこか非日常的な存在。

非日常感を味わいたい相手を探しているのではなくて、日常生活を楽しめる相手を探している方なら一緒の生活がイメージしやすい相手を選ぶでしょう。競わず、自分のアピールポイントを磨きましょう。


菊乃の写真
婚活コンサルタント「菊乃」

28歳まで個性と手抜きを取り違えていたバカ女。彼氏ができる過程を書いたブログが人気になり本を出版。2011年に恋愛・婚活相談で独立。 これまで約800名の女性の相談にのってきた。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

限定PDF公開中

PAGE TOP