婚活サイトホーム > 婚活コラム一覧 > 運命の人を神が選ぶ結婚相談所。生まれてきた子は「神の子ども」扱い…

運命の人を神が選ぶ結婚相談所。生まれてきた子は「神の子ども」扱い…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
婚活コラム写真

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。


現在、日本の出生率は2015年の国勢調査で1.46人だそうです。結婚しても離婚する方の割合は3組に1組は離婚ともいわれております。 (私も生んでいないので出生率向上には貢献しておりません)

しかし、ある結婚相談所で結婚したカップルは、出生率が2.1人、離婚する夫婦がたった1.7%。 これまでここは50年の歴史の中で8万組が結婚したらしい。

今回はその某結婚相談所について話していきます。



お見合い結婚ではなく、祝福結婚


ハガキ

その某結婚相談所のハガキがあります。

あちこちポスティングしているようです。 裏を見ると〇〇〇結婚相談所と宛先が書いてあります。


数十年前、某女優がここで合同結婚式を挙げたことで話題になった結婚相談所なのです。
元スポーツ選手の方もこの合同結婚式に参加し、のちに脱会してマインドコントロールをされたと訴え有名になりました。


昔は不気味がられたのですが、今も結婚相談所をフロントビジネスにして残っているのです。もう覚えていない方や知らない方もいるでしょうね。



なんとここは、知り合って結婚するまで4日足らず。

「神様が選んだ相手だから」と、韓国やアメリカの相手を紹介されることもあるのだとか。ちなみに結婚相談所の本山は韓国で、合同結婚式はソウルで開催されます。

不思議なのですがそれを「はい。私の運命の人ですね」とすんなり受け入れちゃう会員たち。


これを結婚相談所はお見合い結婚ではなく、祝福結婚と呼びます。

結婚相談所の主張は、
・昔は顔も知らない相手とお見合いをしていた
・結婚してから恋愛をすればいい
・祝福結婚は神様から権限をゆだねられた指導者が相手を選ぶ結婚の形

ここで配偶者を見つけてもらった自分の意思がない方は、その後も神様から権限をゆだねられた指導者から逃れられなくなるのです。


そんなところですから入らないように。例え結婚できたとしても、言われるがままにしていたら大変な目に遭う可能性があるのです。



生まれた子どもは”神の子ども”と呼ぶ


1980年代は会員への高額なお布施、印鑑、壺、高麗人参などの霊感商法が問題になりました。 HPには結婚相談所が唱える人生の目的3つが書かれてある。今の時代こんなことをいったら多分、普通の企業では昇進無理でしょう。


(1)愛のある立派な人格を形成

HPには、あなた方の天の父が完全であるようにあなたも完全な者になれ、とあります。余計なお世話だ。


(2)愛のあふれる家庭を築く

子どもを産むことを推奨し、同性愛は認めていません。子どもを産んで増やすことが完全な家庭とされています。そして生まれた子どものことを神の子どもと呼ぶらしい。


(3)万物の調和

『地上に天国』を作ることを目標にしているよう。



まとめ


「完全な者になるために、友人を誘って相談所に来なさい」 「地上の楽園を作るのに、献金しなさい」 と、自分の配偶者さえ決めてもらった主体性のない人から搾取していくのでしょう。

地上の天国って自称「地上の楽園」の北朝鮮みたいですね。

北朝鮮は「地上の楽園」とうたい在日朝鮮人を帰還させました。その際は『完全就職、生活保障』と有名大手新聞に書いてあったそうです。それを信じて北朝鮮に渡った方はなんて気の毒な・・・。運命の人を神様が選んでくれるならいいって方はHPから入会してください。最も確実に結婚できる結婚相談所でしょう。


しかし、既存の友人や職場での信用を失うことは覚悟してくださいね。

私がブログでもこの件を書いたため、ご丁寧に検索して調べてくださった結婚相談所広報からメディア懇親会の案内をメールでいただいたことがあった。この記事もきっと目に触れるでしょう。


菊乃の写真
婚活コンサルタント「菊乃」

28歳まで個性と手抜きを取り違えていたバカ女。彼氏ができる過程を書いたブログが人気になり本を出版。2011年に恋愛・婚活相談で独立。 これまで約800名の女性の相談にのってきた。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

限定PDF公開中

PAGE TOP