婚活サイトホーム > 婚活コラム一覧 > 本当に結婚したいのか分からなくなっちゃった。と言う30代〜40代の実態

本当に結婚したいのか分からなくなっちゃった。と言う30代〜40代の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
婚活コラム写真

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

たまに、不思議なご相談者がいらっしゃる。

「今の生活も満足しているんです。婚活はしているけれどうまくいかないし、本当に結婚したいのか分からなくなっちゃった」と。

女子気分満載!娯楽、レジャーの非日常が楽しい

趣味、習い事、女子会、旅行など娯楽・レジャーで充実している独身ライフ。先々のことは考えずに、それは楽しいんじゃないの。お給料は自分の好きなように使える。

そんなことを言う女性は、20代か20代の感覚のまま止まっていて周りから取り残されている30~40代です。

先のことは考えず非日常のレジャーを楽しみ享楽的に生きる生活を楽しみ、それを卒業して日常生活と自分のプライベート充実させる生活がしたくなってから結婚を考えてもいいんじゃないと個人的には思っていた。

同級生が結婚して子どもができて、周りを見てふと「このままでいいのかな」とアラサーぐらいで気が付いて、娯楽中心ライフから転換する方は多い。

しかし、結婚しそうにない人同士でつるんでいたとか、結婚する気がない彼氏と何年も付き合っていた、自分を客観視できない性格だったなどで、「女子気分」のまま30~40代になっちゃう方もいるのだ!

未来のことや、自分の価値とは向き合いたくない

30代半ばを過ぎると婚活は苦労する。気軽に「結婚相談所に入れば結婚ぐらいできるでしょう」と受け身で生きてきた女がそこに何年も在籍して不良在庫となることは多々ある。

何百人のプロフィールをみて100人近い男性とお見合いしてもうまくいかない。

辛いよね。そこで、自分と向き合い何が原因なのか知るのはとても心が折れることだ。

「私は普通だと思っていたけれど、ブスだったんですね」
「お金入れているしいいと思っていたけどこの年で実家暮らしはイタイですよね」
「ちゃんと働いているしいいと思っていたけど、非正規だし自立していないんですね」

見たくない現実を受け入れて、そこから変わる勇気をもって腹をくくった女性はとても美しいし、感動させられます。

現状維持は水平に見えて下り坂

とはいえ、苦しいことから逃げる人だって多い。違うことをやるぐらいなら、現状維持を選んだほうが楽なのだ。

一人暮らしを始めて、アラサーで初めて彼氏ができた女性がおりました。彼女の同僚や友だちはみんな実家暮らしだったらしい。
「そんなことしなくてもいいんじゃないの?」
と彼女の一人暮らしに反対する同僚もいたらしい。しかし、そこから抜け出すために一人暮らしをしたら、生活にどれぐらいのお金がかかるかも分かってきたそうだ。

今まで「そこまでしなくても」と思っていた昇格試験を受けて昇給して、違う部署に移動したそうだ。そこで彼氏もできたらしい。

元の部署にいた人たちは、みんなそのまま独身実家暮らし低所得のままだとか。同じ簡単な仕事を繰り返し。それはきっと「楽」ですよね。 

「売りたい」けどやらない地方商店。売れないのはジャスコのせい。

「結婚したいのか分からなくなった」
という方のお話を聞くと思いだす話がある。

地方創生等に係る支援・事業をしている方からお聞きした話です。

どこも人口が減り、高齢化が進み、地元の人相手に商売をしているだけでは売り上げは減少する一方。

そんな田舎で商店を営む方の中には、コンサルを受けたから売り上げがあがると思っている人がいるそうです。まるで結婚相談所に入会すれば結婚できると思っているバカのように。

「売り上げを増やしたいです!」
といってあれこれアドバイスしても
「それやったら確実に売り上げ増えますか?」
「助成金が出るならやってもいいけど」
とやらない理由だけ並べるらしい。

そして売り上げ減少の理由は自分たちの努力不足ではなく、
「人口が減ったから」「ジャスコができたから」
なんだとか。

自分のことなのに本気になれないってね~。誰かが変えてあげる訳がないのに。 アラサー婚活を成功させる方法とは?

菊乃の写真
婚活コンサルタント「菊乃」
HP:ベストパートナープロジェクト

28歳まで個性と手抜きを取り違えていたバカ女。彼氏ができる過程を書いたブログが人気になり本を出版。2011年に恋愛・婚活相談で独立。 これまで約800名の女性の相談にのってきた。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォー婚活の成婚率1%!?厳しい現実と成功させる方法を漫画で解説!

PAGE TOP