婚活サイトホーム > 婚活コラム一覧 > 脱クリボッチ大作戦・クリスマスまでに彼氏が欲しい!

脱クリボッチ大作戦・クリスマスまでに彼氏が欲しい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
婚活コラム写真

こんにちは。
恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

初めに行っておきますがクリスマス前に自分の大安売りをしないこと。

焦って不安は分かりますがやってはいけないことを3つお伝えします。冷静になりましょう。

(1) 女子会
(2) 相手してくれる男にかまって欲しくて連絡
(3) 元カレに連絡をする

もしかしたらこういうことをやめるだけでご縁がある人もいるかもしれない。新しいご縁が欲しいなら何かを辞めることが先だ。

クリスマスは誰かと過ごしたい!お気持ちはわかります。

婚活パーティーやマッチングサイト登録で手軽に出会いは探せますね。でも焦っていっても恋人はできないのです。

出会いたい気持ちは大事ですが、クリスマスの寂しさを癒すだけの相手にならないようにしましょう。焦る女は年明けにポイ捨てされることも。

次にやることが3つあります。

(1)もし自分に彼氏がいたら着ない服を捨てよう


焦る女は自分のことが見えなくなる。「彼氏が欲しい」というくせに魅力的に見えない恰好をしているのです。去年か一昨年買ったタイツを履き、毛玉ができていたり足首が伸びてダルダルだったり。

そんなのは捨てましょう。

首、袖口からヒートテックが見える方も多い。鏡を見てチェックしよう。その前に、服のサイズが合っていないことはないでしょうか?サイズが大きいから袖がブカブカなのかもしれない。

夏服と比較すれば冬服は1着当たり高くそんなに頻繁に洗濯もしない。劣化もしにくいかもしれないし、「もったいない」という気持ちはわかる。彼氏がいない歴が長い方は冬服が古いのです。毛玉になれ「毛玉ってできるものでしょう」と捨て時を見失っている方も。

服を捨てましょう。買うより捨てる方が効果あります。

焦る女は買い物もろくなものを買えずムダ金使うけれど、クローゼットの片づけをしながら平常心を保てます。まずは捨てましょう。

(2) 彼氏を呼べるぐらい部屋を片付けよう


次に彼氏ができたことをもう少しイメージしてみましょう。何回目かのデートで「部屋に行っていい?」となるでしょう。部屋はキレイ?

女性はあまり気が付かないけれど、男性が汚いと思うのが床に髪の毛が落ちていること。髪の毛が落ちていないように床も掃除しよう。

心の状態は部屋に現れます。

焦る女は「片付けなんかしたって彼氏ができる訳ないでしょ」と先に出会いの場にいくかもしれない。でもいいなと思う人からは好かれないでしょう。ゆとりのなさは出るのですよ。

騙されたと思って片付けをして。

(3) リアクション練習のために婚活パーティー参加しよう


ここでやっと出会いの場に行くのですが、初めの1回は会話の練習と思って参加してください。出会いがない方はリアクションが乏しかったり、会話が面接のように質問責めになりがち。

よくいわれる合コンさしすせそ。「さすが」「知らなかった」「すごいですね」「センスいいですね」「そうなんですね」も知識で覚えていても焦るとすっぽり抜けるのです。

出会いは考えずにリアクションの練習のためだけに婚活パーティーなど参加してみましょう。

練習だから全ての男性相手でやりましょう。好み云々は練習だから関係がないのです。本命の男性にあった時のために、その場の男性は全て踏み台でいいので練習しましょう。

多分、古い服を捨てて掃除をしてから「練習だ」と思って参加した婚活パーティーはけっこうモテるでしょう。過剰な期待はしないで参加するけれど、万が一、マッチングしたら会ってみればいいよ。


脱クリボッチのコツ

(1) 焦らない
(2) 期待しすぎない
(3) クリスマス後も続ける

この3つだ。

独立してから知りましたが、恋愛相談は最盛期が12月です。12月半ばごろに「クリスマスまでに彼氏が欲しい」と相談に来られた方もおりました。クリスマスイブの深夜2時や3時ごろに長文メールが届いたこともありました。

だいたいそういう方は部屋が汚部屋なのです。目先の欲に流され優先順位を決めるのが苦手。手軽に直ぐにできそうな魔法に飛びつき挫折を繰り返すのです。

「今度こそ彼氏が欲しい」と思うけれどモチベーションが続かず何度も挫折。誕生日前とかクリスマス前だけ焦るけれど1週間後には忘れて元の生活に戻る。そして年齢だけ上がっていく。

クリスマス前になって焦る方もクリスマス後に元に戻るなら2018年のクリスマスもクリボッチかもしれない。クリスマス前に彼氏ができる方は夏から努力しております。明日彼氏ができる方法があるとしたら、ドラゴンボールを7つ集めるぐらいしか思いつかないよ。

あなたは誰かの1夜を慰めるだけの存在になりたいのかい?毎日一緒にいたいそんな関係を望むならクリスマス後もコツコツ続けていこう。


菊乃の写真
婚活コンサルタント「菊乃」

28歳まで個性と手抜きを取り違えていたバカ女。彼氏ができる過程を書いたブログが人気になり本を出版。2011年に恋愛・婚活相談で独立。 これまで約800名の女性の相談にのってきた。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

限定PDF公開中

PAGE TOP